弾力糸マックスリフティング

フェイスリフティング

弾力糸マックスリフティングとは、弾性のあるリフティング糸である「エラスティックム」と、皮膚剥離によってしわを改善する「マックスリフティング」のそれぞれの長所だけを集めて開発された手術手法のことです。

相乗効果

エラスティックムとは?

エラスティックムは柔らかくて弾力のある糸です。
一般的な固いリフティング糸とは違って身体組織を切断したりせず、施術後数週間もすれば人体の靭帯のように自然な動きと弾力を回復してくれる特殊な糸です。

この糸の先端には切開部分から離れた部位にもリフティングを施すことができるよう2つのチップ針が付いており、糸が靭帯の役割をすることで弾性が長く持続します。
それにより、人体のボリュームを出すために時間と手間をかけて顔や首などの皮膚組織を大きく切開する必要がなくなります。

マックスリフティングとは?

マックスリフティングとは、両耳の周囲を最小限に切開し、垂れた皮膚を剥離して上にあげて固定し、余分な部分は切除する方式の切開リフティング術のことをいいます。

SMAS層は皮膚の最も深い位置にある層であり、顔面組織が垂れないように維持する役割がありますが、時間の経過によって皮膚が垂れて深いしわができてしまう部分でもあります。

バノバギ整形外科ではこのSMAS層と皮膚を剥離してしわを効果的に改善し、その効果が長期間持続されるよう手術を行います。

弾力糸マックスリフティングの利点

従来からの切開リフティング術(マックスリフティング)に弾力のある糸(エラスティックム)を組み合わせることで、それぞれの長所を組み合わせた相乗効果が期待できます。

  1. 従来の糸リフティングと同等の早い回復。
  2. 糸の弾力が作り出す自然な表情。
  3. 従来の糸リフティングよりも優れたしわの改善効果。
  4. 従来の切開リフティング術と同等のしわの改善効果と持続性。
  5. 従来の切開リフティング術よりも切開範囲が狭い。

施術の流れ

  1. 従来の切開リフティング術よりも小さな範囲の皮膚を剥離します。
  2. 筋膜層からヘアラインまで剥離した部分の皮膚を引き上げます。
  3. 剥離していないほうのSMAS層に弾力のある糸(エラスティックム)を入れ、引き上げます。
  4. ヘアラインから残りの皮膚を除去し、縫合します。
  5. 糸は数か月以内に人体組織の役割をするので、弾力のある自然な顔を作り上げることができます。

お問い合わせやご相談はこちらからどうぞ

HARU

美容観光エージェント(仲介代理店)のHARUは、韓国語を話せない日本の方でも安心して韓国の病院で美容整形を行えるよう、病院との交渉や同行しての通訳、移動の際には車での付き添いなど、様々な面で日本のお客様のサポートをいたしております。

韓国政府から外国人医療誘致事業者として認定されている専門の仲介会社ですので、安心してお問い合わせください。

注意:返信はPCメールからお送りいたしますので、携帯電話の方はPCメール受信拒否設定を解除しておかないと返信メールは届きません。
または携帯の電話番号を入力しておいてくだされば、HARUからお電話でお返事をさせていただきます。

お名前Your Name
ふりがなName Reading
メールアドレスMail Address
メールアドレス(確認)Mail Address Confirm
電話番号Phone Number
お問い合わせの内容Mail Contents
送信するSend