ハピスクリニック

ハピスの受付
ハピスクリニックでは伝統を尊重し、自然で健康的な美しさを追求しています。

ハピスクリニックは2004年の開院(旧名:美体リハビリ医学科医院)以来、ふくらはぎ筋肉整形の分野で他の追従を許さないほどの施術結果を残してきています。
また、手術が不要なふくらはぎ筋肉整形の開発など、スタンダードになりうる技術を作るために最善の努力を尽くしています。

開院して10年を迎えた2014年からはふくらはぎ整形だけではなく、太ももおよびヒップラインを含む脚全体の整形センター「ハピス」に発展いたしました。

2014年5月には明洞ロッテホテルに海外患者誘致および江北地域のお客様のための「ハピス・ロッテホテル店」をオープンし、2014年11月には江南の新沙駅1番出口で既存の狎鴎亭ハピスが拡張移転することになりました。

ハピスが誇る2人の専門医の紹介

ハピスが誇る2人の専門医であるソン・ヨンジェ院長、キム・ウンサン院長のきらびやかなほどの上手な手術テクニックの結果は美しい足のラインとして表れます。

しかしその結果はただ単純な技術だけではなく、生体組織(脂肪・筋肉・神経)に対しての深く、そして幅広い医学的知識および研究活動が土台となって作り出されるのです。

ハピス江南店 代表院長 ソン・ヨンジェ

ソン・ヨンジェ

  1. ヨンセ大学校医科大学(シンチョン本院)
  2. CHA医科大学校統合医学大学院修士
  3. 韓国科学技術院カイスト理学博士
  4. セブランス病院リハビリ医学科
  5. (現)ヨンセ大学校医科大学リハビリ医学教室外来副教授
  6. Certified Member of ICA(国際応用謹慎経学正会員)
  7. Certified Member of AAI(アメリカ免疫学会正会員)
  8. (旧)美体リハビリ医学科病院院長
  9. (旧)大韓発議学会理事
  10. (現)KAIST医科学大学院 招聘研究員
  11. (現)ハピス脚整形センター代表院長

ハピス明洞店 代表院長 キム・ウンサン

キム・ウンサン

  1. ヨンセ大学校医科大学(シンチョン本院)
  2. セブランス病院リハビリ医学科
  3. リハビリ医学科専門医
  4. (現)ヨンセ大学校医科大学リハビリ医学教室外来助教授
  5. 大韓リハビリ医学会正会員
  6. 大韓神経筋前渡学会正会員
  7. 大韓スポーツ医学会正会員
  8. アメリカ リハビリ医学会正会員
  9. (旧)ハピスふくらはぎ整形センター院長
  10. (現)臨床細胞治療学会学術理事
  11. (現)ハピス脚整形センター明洞店 代表院長

ハピスからお客様へ

診察室
開院以来、今までずっとハピスでは単純な整形ではなく、自然で健康的な美しさを作りだす為に絶えず悩み、研究し続けてきました。

10年の間、脚整形にだけ精進してきたハピスは、今後も今までと同じように模範的な脚整形の専門医療機関として、皆様の身近な存在であり続けたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

院内などの写真

  • ハピスクリニック・受付
  • 待合室
  • カウンセリング室

※ 各写真をクリックすると拡大して見ることができます。